アベンジャーズタワーの今後のアップデート
January 14, 2022

司令官の皆さん、こんにちは。

 

今週は銀色のかけらを求めてバトルする機会があるので、サーフボードを手にしてチャンスの波に乗る準備をしましょう。それから再登場する伝説級キャラクターと、ゴールドイベントおよび訓練モジュールイベントに備えて陸に上がってください。でもまずは、アベンジャーズタワーのアップデートです...


アベンジャーズタワーに関するフィードバック

皆さまからアベンジャーズタワーに関するフィードバックをいただき感謝しています。本イベントをお楽しみいただけたこと、そして、たくさんの肯定的なご意見があったことを嬉しく思います。アベンジャーズタワーの最初のバトルが完了したので、今後についての最新情報を簡単にお伝えします。近い将来、アベンジャーズタワーを復活させ、今後いくつかのバージョンにわたってアップグレードを実装します。これには、クールダウン中のキャラクターを非表示にするチーム選択フィルターが含まれます。次のバージョンに実装されるのは、新規プレイヤー向けにアベンジャーズタワーのスタート時点で下位レベルのフロアを増やすことと、ベテランプレイヤー向けに高レベルのフロアを増やすことです。はい、フロアが増えるということは報酬も増えるということです!

 

アベンジャーズタワーイベントはおそらく5~6週間後に開催されるので (変更の可能性あり)、新しくなったアベンジャーズタワーが含まれる今後のバージョンリリースに目を光らせておいてください。また、さらなる改良が行えるように、これからもぜひフィードバックをお送りください。


繰り返し伝説級イベント

インビジブル・ウーマンと彼女の伝説級イベント、「透明人間」が1月18日09:00AM (日本標準時) に今年の初再登場を果たします。神出鬼没のファンタスティック・フォーのサポートを追加するのに必要なのはガンマ線ではありません――スター5以上のシニスター・シックスチームだけです。また、必要なキャラクター最大7人のかけら3個が含まれる受信箱メッセージと、シニスター・シックスキャラクターを強化するためのダブルトラブルボーナスイベントにも注目しておいてください。


キャラクターの入手可能状況

マジックにレッドスターの呪文をかけたいなら、エリートストアに注目しておいてください。1月20日09:00AM (日本標準時) から、ゴールドおよびシルバー昇格クレジットを使ってマジックのレッドスター昇格が入手可能になります。この強力なおまじないをお見逃しなく!


ウィークリーイベント

キャラクターのかけら、訓練モジュール、ゴールドなどの雨を降らせる資源の嵐が向かっています。すべてのボーナスイベントの対象キャラクターとそのノードについては、要求される特性でヒーローをフィルターしてください。

 

ダブルトラブルボーナスイベント

●     開始日:1月17日09:00AM (日本標準時)

●     報酬:ストーリーで手に入るシニスター・シックスキャラクターのかけら2倍

●     インビジブル・ウーマンの伝説級イベント「透明人間」に備える

 

天気の女神電撃戦

●     開始日:1月18日09:00AM (日本標準時)

●     報酬:ストームのかけら

 

訓練 & 獲得ボーナスイベント

●     開始日:1月18日09:00AM (日本標準時)

●     報酬:ストーリーの訓練モジュール報酬2倍

●     ポケット次元に向けて不屈キャラクターをパワーアップさせる

 

ヘラルド電撃戦

●     開始日:1月21日09:00AM (日本標準時)

●     報酬:シルバーサーファーのかけら

 

傭兵騒動ボーナスイベント

●     開始日:1月21日09:00AM (日本標準時)

●     報酬:ストーリーで手に入る傭兵キャラクターのかけら2倍

●     ペイデイフラッシュイベントに備える

 

ペイデイフラッシュイベント

●     開始日:1月22日09:00AM (日本標準時)

●     必要なキャラクター:傭兵

●     報酬:ゴールド

 

それでは次回まで…

 

司令官の皆さん、健闘を祈ります!

© 2022 MARVEL. MARVEL Strike Force Software © 2022 SCOPELY。不許複製。このウェブサイトを使用することにより (いかなる、およびすべての部分と構成要素を含む) これらの利用規約およびプライバシーポリシーに同意したことになります。本ウェブサイト上の情報は売却、交換、譲渡するものではありません。これらの情報の複製、操作、発行、またはその他の移譲は、利用規約で具体的に示されている場合を除き、固く禁じられています。