不眠症、求ム
October 16, 2020

司令官の皆さん、こんにちは。


今週は、黄泉の国の勢力に戦争を仕掛けるので、悪人は休まる暇がありません。また、近日開催の電撃戦、オーブのアップデート、そして星々の王にふさわしいボーナスイベントに常夜灯を照らします。最初のセクションで寝落ちしてしまわないように、コーヒーポットを火にかけてください...

歩く悪夢

近日開催の歩く悪夢イベントで、ゾッとするほど素敵な報酬の名において暗闇を征服しましょう!歩く悪夢は、ゴールドと装備報酬に加えて、アンチヴェノムを仲間にする最初のチャンスになります。一睡もできなくなるイベントで、このシンビオートのかけらと結合しましょう:


恐怖の光オーブ

イベントマイルストーンから恐怖の光オーブのかけらを獲得してオーブを開き、ゴールド、装備、期間限定の覆面マント特性を持つキャラクターのかけらを獲得しましょう。アンチヴェノムのドロップ率が高くなっています。


夢の戦士マイルストーン

覆面マント特性を持つキャラクターを使って、電撃戦とアリーナで他のチームを呪いましょう。電撃戦で勝利するか、アリーナで勝利または敗北してポイントを稼ぎ、アンチヴェノムのかけら、恐怖の光オーブのかけらなどを獲得しましょう。このイベントは、歩く悪夢イベントが終了するまで、毎日更新されます。


明晰夢レイドマイルストーン

レイドで同盟とチームアップして覆面マントキャラクターを使い、明晰夢レイドマイルストーンから夢のような報酬を手に入れましょう:アンチヴェノムのかけら、恐怖の光オーブのかけら、訓練モジュール、そして、さまざまな装備があります。


夜の恐怖マイルストーン

恐怖の光オーブを切り開いてポイントを獲得し、アンチヴェノムのかけらや他のゾッとするような報酬を入手しましょう。


ボーナスイベント

訓練 & 獲得―ストーリーノードから訓練モジュールを2倍獲得できます

レイド祭―レイドエネルギー、回復、蘇生のコストが20%減少します

エネルギー補充―24時間の間、120ストーリーエネルギー (ISO-8ストーリーエネルギーを除く) を購入するコストが50パワーコアのままになります。

アリーナストアのアップデート

コーヴァス・グレイヴが移動中です!もうすぐ、アリーナストアでブラック・オーダーの捉えどころのない暗殺者を500アリーナクレジットで購入できるようになります。公式発表については受信箱に目を光らせておいてください。ブラック・オーダーチームを強化しましょう。

近日開催の電撃戦

今週の電撃戦キャラクターにとっては、グリーンでいることは簡単なようです。ISO-8ラボでの仕事から駆けつけるのは、スーパーサイエンス電撃戦の最高科学者です。バトル征服に手を染めて、最高科学者のかけらを発見しましょう。その次は、シー・ハルクが登場するエメラルドの解放者電撃戦の第2弾です。敵を打ちのめして服従させ、シー・ハルクのかけらと、歩く悪夢イベントの恐怖の光オーブのかけらを獲得しましょう。

ノーウェアへ進め

スター・ロードのスペースエース伝説級イベントがもうすぐ着地するので、以下のストーリーノードでガーディアンズとラヴェジャーズキャラクターのかけら報酬を2倍獲得できる、ノーウェアへ進めボーナスイベントをお見逃しなく:


グルート:ネクサス2-9

ヨンドゥ:ヒーロー2-6

ラヴェジャーズ・ブルーザー:ヒーロー4-6


ループマイルストーンアップデート

先週金曜日のブログ (https://www.marvelstrikeforce.com/ja/updates/blog-update-10-9) で、次回のエマ・フロストマイルストーンから、マイルストーンオーブのかけらを一部取り除き、代わりにベーシックISO-8オーブ (T1) のかけらを追加することでループマイルストーンをアップデートすると発表しました。2回目のエマ・フロストマイルストーンではこの変更を行わないことを決定しました。より多くのISO-8オーブを報酬とする方法についてはまだ検討中なので、さらに情報があればアップデートします。皆さまのフィードバックに感謝しております。 


今週お配りするおやつは、これで以上です! 


それでは次回まで...


司令官の皆さん、健闘を祈ります!


日本語
© 2020 MARVEL. MARVEL Strike Force Software © 2020 SCOPELY。不許複製。このウェブサイトを使用することにより (いかなる、およびすべての部分と構成要素を含む) これらの利用規約およびプライバシーポリシーに同意したことになります。本ウェブサイト上の情報は売却、交換、譲渡するものではありません。これらの情報の複製、操作、発行、またはその他の移譲は、利用規約で具体的に示されている場合を除き、固く禁じられています。