MARVEL ストライクフォース3人目のオリジナルキャラクター
September 1, 2022

私たちBoundless Entertainment, a Scopely Studioは、MARVEL ストライクフォースのために作られた3人目のオリジナルキャラクターを発表でき嬉しく思います。ですがまずは、ここまでの道のりを振り返りましょう。

 

1人目のオリジナルキャラクターは、次元を飛び越えるS.T.R.I.K.E.の創設メンバーで、消息不明でしたがついに故郷に帰ってネクサスの地球のために戦ったケストレルでした。キャラクターとしてのケストレルは、意志の強さ、努力、そしてプレイヤーの皆さまに対する長期的なコミットメントを示し、ストライクフォースを体現しました。

 

2人目のオリジナルキャラクターでは、デッドプールの『Nerdy 30』記念に大きく貢献するという名誉を与えられました。私たちは筋金入りのマーベルファンぶりを発揮して、マーベルコミックスで最も悪名高い「くっつくのかくっつかないのか」ストーリーを発展させました。「もしもデッドプールとデスが子どもを作ったら?」と考えました。その答えはもちろん、デスプールでした!彼女は両親の見た目と態度を受け継いでいて、MARVEL Entertainmentの素晴らしい人々とともに実現できる最高のクリエイティブなコラボレーションとなっています。

 

3人目のオリジナルキャラクターを作るにあたっては、大きなプレッシャーがありました。スパイダーマンの60周年をお祝いするため、馴染みのある場所に住んでいて、マーベルらしい見た目を持ちつつ、まだ未開拓の分野に踏み込んだキャラクターを作ろうと考えました。そこから、豊かなスパイダーバースの世界へ、そしてこの世界に新しいユニークなキャラクターを追加することにつながりました。

 

MARVEL ストライクフォースの次のオリジナルキャラクター、スパイダーウィーバーを発表できてとても嬉しく思います!


ストーリー

アジェイ・ベナリーは技術や伝統を代々受け継いできたナバホ族の織り手の家系に生まれました。頭脳明晰で外向的なアジェイの家族は、大喜びで彼女をネバダ州ラスベガスの大学に送り出します。ですが、アジェイが離れている間に祖母が謎の病気にかかり、アジェイの学費を賄っていた美しい織物を織ることができなくなってしまいました。

 

大学から帰ったアジェイは、祖母を病気にさせた原因を突き止め、治療法を見つけることを使命としました。アジェイは困った者を守り導くナバホ族のクモの神、ナーシェイ・アズザーの物語を思い出し、彼女を探す旅に出ました。砂漠の奥深くで、アジェイは露がきらめく空のクモの巣を見つけ、手のひらで巣に触れます。手に大きな痛みが走り、後ずさりすると、巣の真ん中にクモがいるのを見つけました。家に帰ると、アジェイは熱にうなされ、寝ているときにナーシェイ・アズザーのビジョンを見ました。彼女はアジェイに生命と運命の網のことを教え、強力な存在がナーシェイ・アティードの過去と未来の織り手に呪いをかけるために、祖母の糸を汚染していると伝えました。ですがアジェイの助けがあれば、ナーシェイ・アズザーは祖母を解放し、網を守ることができます。

 

アジェイは目を覚ますと、ボーっとしていたものの体は休まっていて、夢のことを考えながら、織物プロジェクトを始めました。考えることさえせずに、アジェイは神秘的なシルクを生み出し始め、それは力強いクモのデザインがあしらわれた衣装に変身しました。祖母のもとに駆け寄り、アジェイが神秘的なシルクを見せると、突然霊妙なクモの腕が出現しました。彼女はそれを使って生命の網を浄化し、祖母を治癒させて、織り手に危害を加えようとしていた者を食い止めました。

 

祖母の安全が守られ、アジェイはナーシェイ・アズザー、生命の網、そして他の織り手を守るため、この存在を突き止めることにします。自分で織ったクモの衣装を着たスパイダーウィーバーは、この存在を追って第2の故郷、罪の街ラスベガスに戻ります。

 

近日中にこのウェブサイトにてスパイダーウィーバーのキットを公表します。楽しみにしていてください。

© 2022 MARVEL. MARVEL Strike Force Software © 2022 SCOPELY。不許複製。このウェブサイトを使用することにより (いかなる、およびすべての部分と構成要素を含む) これらの利用規約およびプライバシーポリシーに同意したことになります。本ウェブサイト上の情報は売却、交換、譲渡するものではありません。これらの情報の複製、操作、発行、またはその他の移譲は、利用規約で具体的に示されている場合を除き、固く禁じられています。