安定性およびソフトロックの問題
March 8, 2022

バージョン5.10.0がリリースされてから、いくつかの安定性に関する問題が発生しています。その後、問題の一部を修正するホットフィックスバージョンが2つリリースされましたが、開発チームは現在もゲームの安定性をさらに改善するための作業を実施中であり、それについてこの場でいくつかお知らせいたします。

 

まず修正する必要があるのは、一部のプレイヤーに発生している、モバイルデータでゲームに接続できず、Wi-Fiでのみゲームをプレイできる問題です。チームのエンジニアはこの問題の原因を特定しており、現在、数週間後に公開される主要アップデートである6.0.0での修正を予定しています。

 

2つ目は、メモリが2GB以下のデバイスを使用している多くのプレイヤーに問題が増えていることです。現在、開発チームはゲームによるいくつかのアセットの対処方法を再検討しており、デバイスのメモリ使用を減らすことで、これらのデバイスで発生する問題を減らすことに取り組んでいます。これもバージョン6.0.0での実装を予定しています。

 

3つ目は、「ソフトロック」に関して、またはゲームが戦闘中に動作しなくなっても異常検出のメッセージを表示しないことについて報告されているいくつかの問題です。以下がプレイヤーから報告されており、開発チームが調査中のソフトロックを引き起こす3つの問題です。

●     キャラクターがTのポーズ(両手を広げた姿)で出現する

●     キャプテン・アメリカ (サム) のカウンター

●     イカリスがセルシにアシスト攻撃を呼びかける(またはその反対)

これらの問題は再現がより難しいものですが、今後も調査を続けて適切な判断を行うつもりです。

 

次は、ゲームのバグや不具合に関するよくある質問「どうしてすぐに修正されるバグと、修正にかなりの時間がかかるバグがあるのか?」についてお答えします。これはまず、バグが発生しているのがゲームのサーバーなのか、またはゲームクライアントなのかに依存します。バグがサーバーで見つかり、修正方法が分かっているなら、かなり迅速な修正が可能です。バグがクライアントで見つかった場合、新しいバージョンのクライアント(ホットフィックス)のリリースが必要であり、これにはかなりの時間がかかります。

 

加えて、バグを修正するためには通常、内部でのバグ再現が必要となります。これはエンジニアが修正のために正確な場所を把握するためです。プレイヤーの皆さんから動画、スクリーンショット、バグ発生の正確な手順を送ってもらった場合でも、時にはこちらのデバイスでバグの再現ができないことがあり、この場合にはさらなる調査が必要となります。

 

まとめると、バグがサーバーにあり、再現が可能ならば迅速な修正が可能ですが、バグがクライアントにあり、再現ができない場合は修正にかかる時間がかなり長くなるということです。当然ながら、可能な限り迅速な修正を心がけています。ご理解いただければ幸いです。

 

最後に、長期的な視点でゲームの安定性を向上させるため、チームが追加のリソースを調査中であることをお知らせします。たとえば、スタジオにおけるいくつか新しい職務の求人を実施しています。これらの新しい人材は、エンジニアがより効率的に作業を行い、ゲームパフォーマンスを改善できるようにするための新しいシステムとツールの開発に従事することになります。

 

ゲームの安定性は最も優先度の高い要素だと考えています。進展があればすぐに新しい情報をお届けいたします。皆様のご理解とご支援に感謝します。

© 2022 MARVEL. MARVEL Strike Force Software © 2022 SCOPELY。不許複製。このウェブサイトを使用することにより (いかなる、およびすべての部分と構成要素を含む) これらの利用規約およびプライバシーポリシーに同意したことになります。本ウェブサイト上の情報は売却、交換、譲渡するものではありません。これらの情報の複製、操作、発行、またはその他の移譲は、利用規約で具体的に示されている場合を除き、固く禁じられています。